初めてでも簡単!プロペシアを個人輸入する方法を解説!

通販でプロペシアを購入する場合には、個人輸入という方法を取ります。
管理人も今まで何度も個人輸入を行ってプロペシアジェネリックを購入してきました。

初めて医薬品を通販する、個人輸入をするという人は、どのような方法で、どのサイトで通販したら良いのか迷うと思います。
ここでは、そんな個人輸入初心者の皆さんに詳しく個人輸入する方法を解説していきたいと思います。

個人輸入の方法

個人輸入する場合には、個人輸入代行サイトを利用するのが便利です。
管理人は長い間お薬なびというサイトを利用してきました。

今回も一連の流れをお薬なびで紹介していきたいと思います。

サイトのトップへ

まずはサイトのトップページに行ってみましょう。

トップページには商品のランキングやバナーがあります。
一番上にある検索窓に欲しい商品名を入れて検索しましょう。

サイトのトップへ

プロペシアの場合には検索窓に「プロペシア」と入れて検索して下さい。
この時に注意しなければならないのは、商品名や成分名を正しく記入しなければならないということです。
間違ったまま検索してしまうと、検索に引っかからずに商品が探せません。

商品をクリック

検索結果を見て、欲しい商品をクリックすると、商品の詳細ページに飛ぶことができます。
商品画像の横の青文字の部分をクリックしてください。

商品をクリック

欲しい錠数を選ぶ

商品ページを開くことができたら、商品画像の下にあるカートから欲しい錠数を選んで下さい。
黄色の「カートに入れる」というボタンをクリックするとカートに商品が入ります。

欲しい錠数を選ぶ

購入手続きへ

カートに商品が入ったら、購入手続きに進みます。
ご購入の手続きをクリックし、注文に移ります。

購入手続きへ

個人情報の登録

個人情報を登録していきます。

個人情報の登録

該当する項目にチェックを入れて進んでいきましょう。
お支払方法は自分に合ったものを選択して下さい。

下に進み、名前や住所も記入して下さい。

個人情報の登録2

お薬なびではお届け先を選ぶことができます。
自宅、自宅以外、郵便局留めです。
バレずに購入したいという人は郵便局留めがオススメです。

個人情報の登録3

電話番号やメールアドレスなどすべての項目に記入が終わったら、パスワードを設定します。
一番最後に注文内容の確認へというボタンをクリックして、注文を確定します。

個人情報の登録3

個人輸入も特別なことはない

個人輸入も一般的な通販と何ら買わない方法で購入することができます。
何か特別なことをしなければならないわけではありません。

商品を選び、支払方法や個人情報を記入し購入するという流れです。

お薬なびでは一度注文をすると、アカウントが作られるようになっています。
アカウントが作られた後は、注文履歴から前回と同じ薬を探すこともできます。

プロペシアジェネリックをお探しの場合はこちらから商品ページに行くことができます。

そもそも個人輸入とは?

そもそも個人輸入とは?ということですが、個人輸入は海外の医薬品を自身が使用するためだけに輸入することを指します。
日本では販売されていない薬や高額な治療費になってしまう薬でも海外のものを購入することで薬代を低価格に抑えることができます。

海外の洋服やバッグを購入する人もいるかと思いますが、医薬品も同じです。
一般的には、医薬品の個人輸入を代行しているサイトを利用する人がほとんどです。

他の通販サイトとの違い

個人輸入代行サイトと楽天やアマゾンなどの通販サイトは何が違うのでしょうか?

楽天やアマゾンは日本国内での通販を行っているサイトです。
多くのショップがサイト内にありますが、日本国内に在庫を持ち、日本国内からの発送となります。

個人輸入代行サイトでは、海外からの発送となります。
また、代行サイトは業者に注文するということを代行しているだけなので、実際に販売を行っているわけではありません。
発注をかけて、関税などの手続きを代わりに行ってくれるサイトとなります。

楽天やアマゾンではプロペシアを購入することができません。
これは個人輸入の仕組みに関係しているのですが、処方せんが必要とされる薬を処方せんがない場所で販売はできません。
楽天やアマゾンに処方せんを出すことができませんし、薬剤師がいなければ販売できません。

個人輸入では海外の薬であれば処方せんがなくても購入することができます。

薬局では買えない

上記でも触れましたが、処方せん薬は調剤薬局でないと購入できません。
ドラッグストアなどでは販売されていません。

プロペシアではありませんが、AGA治療薬のミノキシジルは一般医薬品として販売されています。
リアップなどがミノキシジルを含有している一般医薬品となります。
しかし、一般医薬品となっている場合にはミノキシジルの含有量が低く、処方せん薬よりも効果が弱くなっています。
これは、安全性を確保するためです。

プロペシアは処方せんがなければ購入することができないのです。

AGA治療薬を安心して購入できるサイトとは?

結局AGA治療薬を安心して購入できるサイトはどこなのか?と思うかと思います。
管理人は長い間お薬なびを利用しています。

理由としては、安心できるサイトの項目をクリアしている、今までお薬なびを利用してきて一度も問題がなかったという点です。

その他にも、ベストケンコーやメデマートなどは安心して利用できるサイトです。
サイトによって特徴があるので、皆さんが気に入った、使いやすいサイトを利用して下さい。

便利に活用しよう!

個人輸入は使い方やルールを守っていれば簡単に薬を購入することができます。
クリニックに行って治療をすると高額な薬代になってしまい、治療を継続することができないと悩んでいる人でも海外の医薬品を使えばお財布に優しく薄毛を治療することができます。

便利に活用して、薄毛を改善しましょう!

TOP