プロペシアとは?プロペシアの解説と価格相場を管理人が調べた結果

プロペシア

AGA治療薬の一つでもあるプロペシアをご存知ですか?
「AGA 治療薬」と検索するとプロペシアの紹介文が出てくることもあります。

では、プロペシアとは一体どんなお薬なのでしょうか?
また、相場となる価格はいくらくらいなのでしょうか?

ここではプロペシアの解説と価格相場について詳しく説明していこうと思います。

プロペシア

プロペシアとは、有効成分にフィナステリドを含んだAGA治療薬です。
日本国内でも処方されているお薬で、その発毛効果は確かなものです。

現在では世界中の多くの国で処方されており、ジェネリックなども販売されています。
では、このプロペシアにはどのような効果があるのでしょうか。
そしてプロペシアの有効的な飲み方や副作用などはどのようなものがあるのでしょうか。

ここからはプロペシアと言うお薬について見ていきたいと思います。

プロペシアの効果

プロペシアは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあります。
ジヒドロテストステロンは脱毛を促す働きがあります。
これが指示を出すことで脱毛が起こるため、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることで脱毛が起こりにくくなります。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンが5-α還元酵素と結合することで発生します。
プロペシアに含まれている有効成分フィナステリドが、5-α還元酵素を抑えることでジヒドロテストステロンの発生を減少させます。

プロペシアには基本的に脱毛を遅らせる効果がありますが、発毛を促す効果も期待できます。
ヘアサイクルを正常に戻すことで、脱毛を抑え、髪の毛を太く抜けにくいものへと成長させることができるのです。

プロペシアの副作用

プロペシアにも副作用があります。
副作用は薬の成分の主とする作用以外に作用してしまうことです。

プロペシアには頻度不明で副作用が起こるとされています。
主な副作用は

  • そう痒症
  • 蕁麻疹
  • 血管浮腫
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 睾丸痛
  • 男性不妊症
  • リビドー減退
  • AST上昇
  • ALT上昇
  • 乳房圧痛
  • 乳房肥大
  • 抑うつ症状
  • めまい

などがあります。
またプロペシアの重大な副作用としては肝機能障害があります。
肝機能障害が起こる可能性もあるため、薬の服用中は十分に注意して下さい。
もしも肝機能障害の症状が起こった場合には、薬の使用を中止し病院で医師の診察を受けるようにして下さい。

プロペシアの飲み方

プロペシアは1日1回服用して下さい。
できるだけ毎日同じ時間に服用することで、有効成分の血中濃度を一定にすることができます。

通常1回0.2mgが推奨されていますが、最大で1mgまで増量することができます。
また、プロペシアは最低でも6ヵ月の服用が推奨されています。
これはプロペシアを飲み始めて効果が現れるまでに6ヵ月かかるためです。
早い人では3ヵ月程度で効果が現れることもありますが、継続して服用することで効果があります。
効果を持続させたい場合にも、継続して飲み続けるようにして下さい。

プロペシアはAGAにのみ効果があります。
それ以外の脱毛症に関しては効果がありません。
また、6ヵ月服用しても効果が実感できない場合には、継続の必要性を考えるようにして下さい。
定期的に、効果を確認し薬の必要性を検討して下さい。

プロペシアの併用禁忌薬

プロペシアには併用注意薬はありません。
しかし、持病がある、定期的に服用するお薬があるという方は、プロペシアを服用する前に医師に確認するようにして下さい。
飲み合わせが悪いお薬がないというだけで、体質によっては薬の効果がなくなってしまう恐れがあります。

プロペシアを服用する前には、一度自身の使用しているお薬を確認するようにして下さい。

プロペシアの併用注意薬

プロペシアには併用注意薬もありません。
しかし、併用できない方はいます。

  • プロペシアの有効成分フィナステリドに対して過敏症の既往歴のある方
  • 妊娠または妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 肝機能障害のある方
  • 20歳未満の方

上記に当てはまる方は使用できません。
何らかの理由により使用する場合には、医師の診察を受け、医師の診断の元使用して下さい。

まとめ

プロペシアには服用方法や副作用があります。
また、使用できない方もいます。
薄毛を治療したいからといって誰でも使用できるわけではないので注意して下さい。

また、プロペシアは服用を始めてすぐに効果が現れるお薬ではありません。
継続して服用することで効果を発揮します。
服用を始めて1ヵ月経ったのに効果が出ないということは当たりまえです。
最低でも半年間は継続して服用を続けて下さい。

あくまでも、脱毛の進行を遅らせる効果のあるお薬です。
発毛を促す効果も期待できますが、確実に髪の毛が生えるというお薬でないことを理解しておいて下さい。

プロペシアの価格

プロペシアは、クリニックで処方されれているお薬ですが、自由診療となるため価格がクリニックによって異なります。
また、個人輸入でも販売されており価格はサイトによって異なります。

では、プロペシアの相場価格とはどれくらいなのでしょうか?
実際にクリニックでの相場と個人輸入での相場を管理人が調べてみました。
ここからはプロペシアの価格について見ていきたいと思います。

クリニックでの相場

管理人がクリニックで処方されているプロペシアの相場を調べてみました。
ここでは、先発薬のプロペシアとジェネリックであるフィンペシアについて調べました。

クリニックではプロペシアが28錠8.200円
フィンペシアが1ヵ月分が4,200円となります。

プロペシアは先発薬となるため、金額が高くなってしまいますが、ジェネリックのフィンペシアはプロペシアの半分の価格で処方されているようです。
クリニックによって金額が異なるので、必ずしもこの金額で処方されているわけではないので注意して下さい。

個人輸入で通販したときの相場

次に管理人が個人輸入で通販したときのプロペシアの相場を調べてみました。
こちらもクリニック同様に先発薬のプロペシアとジェネリックのフィンペシアを調べました。

個人輸入ではプロペシアが28錠7,740円
フィンペシアが30錠1,340円でした。

先発薬に関してはクリニックとの差があまりなかったのですが、ジェネリックのフィンペシアでは1/3ほどの差がありました。
フィンペシアに関してはクリニックに行くよりも個人輸入で購入したほうがお得に購入できます。

まとめ

2種類のお薬しか調べていませんが、フィンペシアはクリニックと個人輸入ではかなりの差がありました。
プロペシアは1,000円くらいしか変わりませんでしたが、最低でも6ヵ月は継続して使うことを考えたら、クリニックと個人輸入では6,000円の差ができます。

個人輸入で薬を通販したほうが断然お得です。

通販で購入できるプロペシアジェネリック

プロペシアのジェネリックには様々な種類があります。
もちろん日本国内で処方されているもの以外にもあります。

通販では豊富な種類の中から自分に合ったものを選ぶことができるという点もオススメの理由の一つです。

フィンペシア

フィンペシア

製造会社:シプラ
価格:1錠36円~

フィナクス

フィナクス

製造会社:レクメズ
価格:1錠35円~

フィナロ

フィナロ

製造会社:インタスファーマ
価格:1錠36円~

フィンカー

フィンカー

製造会社:シプラ
価格:1錠70円~

フィナステリドが配合された外用薬・シャンプー

プロペシアの有効成分であるフィナステリドが含まれている外用薬やシャンプーもあります。
錠剤が苦手な方には外用薬を使用することで発毛の効果が期待できますし、シャンプーを使用することで普段の生活から薄毛治療をすることができます。

錠剤のお薬の場合には、有効成分が血液によって頭皮全体に行きわたるので、むらなく治療することができます。
外用薬の場合には、脱毛が起こっている場所にピンポイントに塗ることで、部分的な脱毛を治療することができます。
また、錠剤と違って直接頭皮に塗り込みマッサージすることでより頭皮のケアを行うことができます。

モールエフ

モールエフ

モールエフは有効成分にミノキシジル5%、フィナステリド0.1%を含んだ外用薬です。
ヘアサイクルを正常に戻すことで薄毛治療に効果があります。
ミノキシジルによつ発毛効果とフィナステリドによる脱毛の進行を遅らせる効果によって発毛を促します。
1日2回気になる部分に直接塗り、マッサージをするように塗り込んで使用します。

フォリックスFR12

フォリックスFR12

フォリックスFR12は有効成分にミノキシジル12%、フィナステリド、アデノシン、アルファトラジオール、フォリックサンなどを含んだ外用薬です。
従来の外用薬よりもミノキシジルの含有量が高く、より強力な効果が期待できます。
1日2回気になる部分に吹きかけ、マッサージするように揉み込みます。
使用後4時間は洗い流さないようにして下さい。

ミノキシジルと併用で効率的な発毛!

プロペシアはあくまでも脱毛の進行を抑える薬です。 発毛効果も期待できますが、プロペシアと一緒にミノキシジルを使用することでより効率的に発毛を促すことができます。

プロペシアの錠剤と外用薬のミノキシジルを使用している方も多いです。 プロペシアとミノキシジルを同時に使用することで、AGAの原因となる物質の生成を抑え、発毛を促すことができ、薄毛治療は万全となります。 基本的には併用することが可能なお薬となるため、ご自身の発毛の効果によって変えてみるのも良いかもしれません。

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルはAGAの治療に使われる薬と言う共通点がありますが、その作用の仕方は異なります。

プロペシアは、脱毛を抑える作用があるお薬です。 ジヒドロテストステロンの生成を抑え、ヘアサイクルを正常に戻す効果があります。 髪の毛が抜け毛を予防するのがプロペシアとなります。

一方、ミノキシジルは髪の毛を生やす作用があります。 ミノキシジルは血管に作用し、頭皮の毛細血管に栄養が行きわたるように働きます。 髪の毛を育てるのがミノキシジルとなります。

プロペシアで抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで髪の毛を育てることで、太く丈夫な髪の毛を育てることができます。 また、太く丈夫な髪の毛が増えることで、抜け毛がなくなり髪の毛のボリュームも増えます。

まとめ

プロペシアとミノキシジルはそれぞれに作用が異なりますが、2つのお薬を上手に使用することでより丈夫な髪の毛を育てることができます。 また、AGA治療薬には内服薬だけでなく外用薬もあるため、個人の用途や使いやすさによって変えてみるのも良いと思います。

TOP