ミノキシジルジェネリック

ミノキシジルジェネリック

育毛剤といえばミノキシジル。
今では、ドラッグストアでも販売されている成分です。

ミノキシジルは男性だけでなく女性も使える薄毛治療薬として有名です。

ここでは、ミノキシジルジェネリックを紹介していきたいと思います。

通販で購入できるミノキシジルジェネリック

ミノキシジルジェネリックには、飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬があります。
一般的に有名なものは塗るタイプです。

                                               
Noxidil ミノクソール(錠剤) LONITAB ミノキシジルタブレット ミノクソール(液体) ツゲイン ロゲイン ミントップ
約1か月分-円1,050円4,620円-1,300円2,250円4,280円2,700円
約3か月分4,280円2,830円-3,400円3,690円6,080円-7.290円
約6か月分7,220円円5,350円--7,020円---
購入

Noxidil

Noxidil
メーカー T.O. MED
1錠当たり 34円~
概要 NoxidilはT.O. MED社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
5mgと10mgの2種類があり、丸形の白色の錠剤が特徴です。
100錠から販売されています。

ミノクソール(錠剤)

ミノクソール(錠剤)
メーカー レクメズ
1錠当たり 27円~
概要 ミノクソールはレクメズ社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
5mgがあり、レクメズ社は日本人の体質に合った商品を展開しています。
30錠から販売されています。

LONITAB

LONITAB
メーカー インタスファーマ
1錠当たり 146円~
概要 LONITABはインタスファーマ社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
5mgがあり、丸形の白色の錠剤が特徴です。
10錠から販売されています。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット
メーカー ロイドラボトリーズ
1錠当たり 23円~
概要 ミノキシジルタブレットはロイドラボトリーズ社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
2.5mgと5mgと10mgの3種類があります。
100錠から販売されています。

ミノクソール(液体)

ミノクソール(液体)
メーカー レクメズ
1包当たり 37円~
概要 ミノクソール(液体タイプ)はレクメズ社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
直接塗る外用薬で、1回使い切りタイプで使いやすくなっています。
ミノキシジル10%配合で30包から販売されています。

ツゲイン

ツゲイン
メーカー シプラ
1本当たり 2,026円~
概要 ツゲインはシプラ社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
直接塗る外用薬で、2%と5%と10%の3種類があります。
2%であれば女性も使用することができます。
1本60mlから販売されています。

ロゲイン

ロゲイン
メーカー マクニール
1本当たり 3,850円~
概要 ロゲインはマクニール社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
外用薬でミノキシジルが5%配合されています。
1本60mlから販売されています。

ミントップ

ミントップ
メーカー ドクターレディー
1本当たり 2,160円~
概要 ントップはドクターレディー社が販売しているミノキシジルジェネリックです。
塗るタイプの外用薬で、ミノキシジルが5%配合されています。
1本60mlから販売されています。

ミノキシジルジェネリックの最安値商品

塗るタイプのミノキシジルジェネリックのミノクソールとプロペシアジェネリックのフィナクスのセット商品があります。
ミノクソールで髪の毛を生やし、フィナクスで抜け毛を抑えます。
このセットはお薬なびでのみ取り扱いが行われています。
半年分で12,600円とかなりお得なセット商品になります。

通販サイト割引情報

どのサイトでもお得な割引情報があります。
お薬なびやベストケンコーではすぐに使えるクーポンがあり、初回はかなりお得に購入することができます。

ミノキシジルについて

ミノキシジルは髪の毛を生やす効果があるAGA治療薬です。
塗るタイプの外用薬が一般的で、日本国内でもその効果は認められています。

髪の毛の量を増やしたいという方には、ミノキシジルがオススメです。

ミノキシジルの効果

有効成分ミノキシジルは血管を拡張する働きがあります。

血管が広がることで、髪の毛の成長に必要となる毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させることができます。
血流が良くなることで、たくさんの栄養を頭皮に届けることもできます。

細胞が活性化され十分な栄養が届けられることで、髪の毛を生やすことができます。

塗るタイプであれば部分的に集中して髪の毛を生やすことができ、飲むタイプでは頭皮全体に効果が行きわたります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの主な副作用には

  • ニキビ
  • 頭痛
  • 性的不能
  • 動悸

などがあります。

これらの副作用は稀に起こるものなので特に心配する必要がありませんが、あまりに症状が強い、長引く場合には使用を中止し、医師の診察を受けるようにして下さい。

ミノキシジルの使い方

錠剤タイプ 毎日1日1回服用して下さい。
同じ時間に服用することで薬の血中濃度を一定に保つことができます。
また、5mgからの服用が推奨されていますが、効果が実感できない場合は10mgへの増量が可能です。

塗るタイプ
毎日1日2回、直接塗るようにして下さい。
液体を付けた後は、マッサージでもみ込むようにして下さい。

どちらのタイプでも最低6ヵ月の使用が推奨されています。
効果が実感できないからといって1ヵ月で使用を中止せずに、6ヵ月は継続するようにして下さい。

ミノキシジルの併用禁忌・注意

ミノキシジルには併用禁忌薬があります。
風邪薬のイブプロフェンやED治療薬、アルコールなどです。
ミノキシジルを使用中はこれらの薬を併用することができませんので、注意して下さい。

併用注意薬はありませんが、ミノキシジルを使うことができない人がいます。
女性や未成年の方、AGA以外の脱毛症の方、高血圧の方などです。
ミノキシジルを使用する前に一度確認するようにして下さい。

TOP