AGAクリニックは高い?プロペシアジェネリックを買うなら、個人輸入で通販するのが断然お得!!

プロペシア

こんにちは!サイトの管理人ハゲ沢 茂樹です!
私は若い頃からAGAで悩んでいました。
周りの友人たちはふっさふさの髪の毛で、仕事もプライベートも充実させているのに、なぜ私だけこんなにスッカスカな頭でうまくいかないんだと…

AGAクリニックにも通い、どうにか髪の毛を増やそうと努力してきました。
その中で出会ったのは、個人輸入で購入するプロペシアジェネリックです。
私は個人輸入を知りプロペシアジェネリックを使って髪の毛を増やすことができました。

ここではAGAクリニックとは異なる、プロペシアジェネリックの購入方法、個人輸入の通販について詳しく解説していこうと思います。

通販とクリニックの差

通販とクリニックでは大きな差があります。
それは、金額の差です。

ここで管理人が比べてみるのは、有名なフィンペシアです。
フィンペシアをクリニックで処方してもらうと、1ヵ月分が4,200円となります。
通販でフィンペシアを購入すると、1ヵ月分が1,350円となります。

クリニックの場合は半年間飲み続けていると、25,200円となり、個人輸入の通販で購入すると8,100円と1/3以下で購入することができるのです。
こんなに差が開くとは驚く方もいるかと思います。
この金額から、クリニックで治療をしている人は損しています。
私は、この金額の差はもう個人輸入の通販で購入したほうがいいとオススメします。

クリニックが高い理由

クリニックの金額が高い理由はいくつかあります。
まずは、自由診療であるためということです。
AGAは直接命に関わるような病気ではありません。
そのため、健康保険の適応されない自由診療となります。
自由診療では、クリニックが金額を設定することができるため、高額な医療費となってしまうのです。
普段風邪を引いて病院に行くと、保険が適応されるため3割負担での医療費になると思いますが、AGAはこれが該当しないのです。

また、クリニックは医師が診察を行い薬を処方する形になります。
そのため診察代などを含めると、お薬代以外にも治療費がかかることになります。
上記でお薬代の比較を行いましたが、あくまでも薬単体の金額です。
もちろん病院と同じように初回の診察では再診よりも高い治療費が取られることもあります。

クリニックで取り扱っているお薬の多くは先発薬です。
先発薬は薬を作るために長い年月をかけて研究開発が行われているため、薬代がそもそも高くなっているのです。

個人輸入が安い理由

個人輸入が安い理由もいくつかあります。
まずは、種類が多くジェネリックを購入することで安くなるということです。
ジェネリックは先発薬の成分を使って作られているお薬です。
そのため、初期の段階での研究開発に時間もお金もかからず作られているので、そもそもの薬価が安くなっています。

ジェネリックを多く作っている国では、販売国の経済状況によって価格が設定されています。
これが、個人輸入で販売されている価格にも関わっています。
販売国の経済状況に依存した価格設定となっているのです。
経済状況が良くない国では多くの人が薬を買えるようにと安く設定されていることもあります。

個人輸入の通販の場合には医師の診察が不要で、処方せんもいりません。
そのため、診察費が必要ありません。
自由診療のクリニックなどと異なり、お薬代のみで済むため、価格を抑えることができるのです。

まとめ

このように、クリニック個人輸入の通販では金額に差が出てきます。
せっかくクリニックに通って高額な医療費を払って髪の毛を増やすことに成功しても、同じ効果を個人輸入の通販で購入することのできるお薬でもできるなら、安い方を選択したいですよね。
同じものを買うのであれば安く済ませることができる方を選ぶことをオススメします。

管理人が使っているプロペシアジェネリック

フィンペシア

AGA治療薬の中にプロペシアと言うお薬があります。
有名なお薬なので、薄毛に悩んでいる方の中には一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そのプロペシアにはジェネリックがあります。
管理人が実際に使っていたプロペシアジェネリックはフィンペシアです。
では、フィンペシアとはどのようなお薬なのでしょうか。

フィンペシア

フィンペシアはプロペシアのジェネリックです。
有効成分にはフィナステリドが含まれており、発毛を促す効果があります。
AGAの原因となる物質はジヒドロテストステロンと言う物質です。
これが増えてしまうことでAGAを発症してしまうのですが、ジヒドロテストステロンの発生を抑える働きがあります。

フィンペシアはAGA治療薬の中でも有名なお薬で、実際にクリニックでも処方されています。
(クリニックによって処方されているお薬は異なるため、全部のクリニックで取り扱いがあるわけではありません。)

管理人がクリニックに通っていた時にもこのフィンペシアを処方されていました。

医薬品の個人輸入ってなに?

ここまで読んでいただいた方の中には、医薬品の個人輸入の通販とは何ぞや?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
初めて耳にしたという方もいるかもしれません。
ここからは医薬品の個人輸入について説明していきます。

輸入代行サイトを通して、通販している

医薬品の個人輸入とは、文字通り医薬品を海外から輸入することです。
基本的には、輸入代行サイトを通して、通販するという形です。
これは、Amazonや楽天で通販することと同じで、ネットで輸入代行サイトから注文し、お金を支払い、商品が手元に届くという流れです。
そのため、普段のネットでの通販となんら変わりはありません。

しかし、輸入代行サイトの業者は個人では腰が重くなるような手続きを代行してくれている業者になります。
個人で行うには手続きが大変になることを代わりに行ってくれます。
あくまで輸入を代行しているサイトであるので、お店などのように商品を直接販売している業者ではありません。
そのため、医薬品を販売している業者と消費者の間に立っている業者となります。
消費者から注文を受けて、医薬品の販売元に注文するという業者です。

違法にならない?

ここで気になるのは、医薬品の個人輸入は違法ではないかと言うことです。
結論から言うと、医薬品の個人輸入に関しては違法ではありません。
しかし、薬機法に基づき個人輸入のルールを守っている場合と言うことを理解しておいて下さい。

医薬品の個人輸入に関しては薬機法と言う法律の元行われています。
薬機法には様々な規定があります。

まずは、個人輸入の目的です。
医薬品の個人輸入に関しては、個人が使用する目的でのみ許可されています。
そのため、自分が購入した薬を他の人に譲るなどの行為は違反行為となります。
また、自分が使用する以外の目的で購入することも違反行為に当たります。

それ以外にも、一度に購入する数が決まっています。
薬の場合は2ヵ月分以内の量までと言う規定があります。
医療機器や体外用診断薬なども2ヵ月分以内という規定があります。
これらを超えた個人輸入をしてしまうと、申請が必要になります。

また、輸入が禁止されているお薬なども存在します。
これは日本国内での取り扱いのあるお薬も含まれています。
日本国内での処方があるから大丈夫だろうと思っていても、輸入禁止のお薬を個人輸入してしまうと薬機法に違反していることになるため、注意して下さい。

悪徳業者がいるんじゃないの?

個人輸入の代行業者の中には悪徳業者がいるということも確かです。
もちろんすべてのサイトが悪徳業者ではありませんが、中には偽物を販売している業者もあります。
偽物を販売している業者から医薬品を購入し、偽物と知らないまま使用してしまうと、命の危険性もあります。
もしも、身体に害のある成分が含まれていた場合には、健康被害を受けることになります。

また、注文して支払いも済んでいるのにいつまでたっても商品が届かないということもあります。
これは詐欺に当たりますが、このようなサイトが存在しているのも事実です。
過去にこのようなサイトがあり、問題となりました。
ハーボニー配合錠と言うお薬を個人輸入で購入した方が実は偽物を購入していたという事件です。
この事件では実際に健康被害が出ていませんが、もしも成分が異なっていたら、命の危険性すら出てきます。
このような悪徳業者を利用しないようにしましょう。

安心して購入できるサイトはどう選べばいい?

では、インターネット社会の現代で安心して購入できるサイトはどのように選べばよいのでしょうか?
サイトを利用する前にいくつかのチェック項目を用意し、これをクリアしたサイトで購入するというサイト選びをしてみて下さい。

  • サイトの運営歴が長い
  • サイト内に会社情報がある
  • 電話対応などのサポートが充実しているか
  • 個人情報が守られるか

これらのチェック項目をチェックするようにしましょう。

まずはサイトの運営歴です。
サイトがオープンしてからどれくらいの期間が経っているのかです。
運営歴が長ければそれだけ、安心があり利用者もいるということです。

サイト内に会社情報があるかどうかは、そのサイトに対しての信頼度です。
会社情報がなければ、そのサイトをどこのどういう会社が運営しているのかもわかりません。
会社の住所などが記載されているサイトを選ぶようにしましょう。

電話対応やカスタマーサービスなどのサポートが充実していることも大切です。
もしも、商品が届かないという時に、電話で問い合わせをすることもできます。

商品を購入する際には個人情報を登録しなけらばなりません。
この登録した個人情報が漏洩しないかどうか、セキュリティはしっかりしているのかなども重要です。
URLの初めがhttps://~となっているサイトは暗号化されており、外部に情報が洩れることがありません。

結局、安心できるサイトはどこなの?

では結局医薬品の個人輸入ではどの代行サイトを利用するのが良いのでしょうか?
管理人は、医薬品の個人輸入を行う時はお薬なびを利用しています。
その他にも、上記でチェックした項目がクリアしているサイトもありますが、管理人は個人的にお薬なびがオススメです。

お薬なびは運営歴が長く、管理人も安定して利用しているサイトです。
医薬品の個人輸入と検索してみると、様々なアフィリエイトサイトなどでもよくお薬なびという文字を見かけます。
お薬なびは、上記のチェック項目にすべて対応しています。
特に、カスタマーサービスが充実しており、電話注文やお問合せができます。
対応も親切で、薬を注文した後のサービスに関しても、郵便の追跡番号などの情報も早く確認することができます。

また、お薬なびは商品の数が多く、セット商品などもあるためお得に買い物ができます。
このセット商品に関しては、管理人も愛用しています。
クーポンを配っていたり、ポイントを利用して購入することもできます。
管理人はお薬なびに長くお世話になっており、今後も利用させてもらいます。

まとめ

クリニックに通うと高額な医療費となるAGAですが、医薬品の個人輸入を利用することで治療費を抑えることができます。
もちろん個人輸入の通販では注意が必要となりますが、安心できるサイトを知っておくことで、お得に購入することができます。
医薬品の個人輸入は違法はないですし、自宅にいながら治療薬を購入することができ、郵便局留めにすることで家族などにもばれずに薬を購入することができます。

上記で挙げたチェック項目を確認したり、自分なりのチェックルールなどを利用し、悪質ではない良心的な輸入代行サイトを利用するようにしましょう。

管理人プロフィール

では、ここからはこのサイトの管理人、ハゲ沢 茂樹についてお話させてください。
管理人がどのようなことをきっかけに薄毛治療をはじめ、医薬品の個人輸入をするようになったのか、簡単なプロフィールと共にお話していこうと思います。

名前:ハゲ沢 茂樹
年齢:37歳
備考:独身

実は管理人は自分の名前に対していい思いをしていませんでした。
「茂」と言う字を付けてくれたのにも関わらず、周りに頭が薄いねとバカにされたのです。
この時ばかりは、親を少しだけ怨みました。

後々、名前について母親に聞いてみると、母方の祖父の頭が薄いため、子供は薄くならないようにと願いを込めて付けた名前と教えてくれました。
嘘のような話だなと思う方もいると思いますが、実話です。
このことがきっかけで名前に対しての怨みはなくなりました。

ではでは、前置きが長くなりましたが、ここからはハゲになった話をしていきます!

薄毛が気になりクリニックへ

実は管理人は20代後半の頃から生え際が薄くなっているのを感じていました。
20代後半と言うと、周りは結婚していき、仕事でも責任があり昇格していく知人が多く、そんな人たちを見ていると髪型もしっかりとセットしていて、ザ・サラリーマンと言う感じでした。
ふと、鏡を見たときに「あれ?こんなにおでこ広かったっけ?」と思うようになりました。

32歳のころまではどうにか前髪で隠していましたが、それもだんだんと限界を感じ始めたので、決意を決めてAGAクリニックに行こうと思いました。
AGAクリニックに行くまでには、様々な葛藤がありましたが、まだハゲだと言われたくない!と言う思いから治療を決意。

いざクリニックに行ってみると、高額な治療費の長期間のコースを提案されました。
薄毛治療の相場は良くわかっていませんでしたが、恥ずかしながら管理人はそこまでお金を出すことができませんでした…
とりあえず月3万円ほどの服薬コースを契約しました。
契約期間は半年でしたが、この時点で半年で18万円の治療費が決定しました。

治療費が高額で治療継続を断念

薬を服用してから5ヵ月程度で髪の毛が太くなってきたのが実感できました。
実際に髪の毛の量が増えてきたし、クリニックの高い治療費もそれなりの理由があるなとは思えたのですが、何よりも髪の毛が生えたことが嬉しく、「まだまだいける!」と調子に乗っていたこともあり、契約を更新せず薬の服用をやめました。

実は、この頃出費が多く月3万円の治療費も管理人には高額なものでした。
髪の毛が生えてきたし、治療費が高額だからもうやめてもいいかな…と思っていたのです。
この時は一度生えるようになれば、薬を飲まなくてもこのまま髪の毛が生えてくるようになるだろうとも思っていました。

やっぱり薄くなってきた

クリニックの更新をせず、薬の服用をやめてから3ヵ月ほど経ったころ、太くなり始めた髪の毛が少なくなってきている気がしました。
当時はそこまで気にしていませんでしたが、この頃からもう予兆が始まっていたんだなと思います。
薬をやめて半年で治療を始める前に戻ってしまいました。

もうあの頃のような髪には戻らないと思っていたのに、薬をやめて半年で戻ってしまったことがとてもショックでした…
「やはり、髪の毛が薄くなってしまったのか…」も一度高額な治療費を払って、髪の毛を取り戻さなければならないのか…
しかし、今後ずっと続けていかなければならないと思ったら、月3万円の出費は痛すぎると考えました。

お金もないし、髪の毛もない…
でも髪の毛をどうにかしたい!そんな時にネットで検索してみたら、ある事実が分かったのです。

調べたら、通販が安かった

お金がなくても薄毛を治療できる方法についてネットで調べていました。
すると、クリニックで高額な治療費を払っていた時にもらっていた、見慣れた薬が販売されているではないですか!
しかも、クリニックの半分以下の値段で売っているではないですか!
これが、医薬品の個人輸入を初めて知った時でした。

しかし、本当は怪しいものではないのか…と言う不安もあったため、あまり安過ぎずに販売しているサイトを選び実際に購入してみました。
実際に届いたものを見てみると、見慣れた薬が入っておりとりあえず使ってみました。

使い始めてみると、クリニックに通っていた時よりも早く効果が現れました。
3ヵ月ほどで髪の毛が太くなり始めたので、これなら薬代を抑えられるから続けられると思い、続けてみることに。
クリニックでは半年で18万円も払いましたが、個人輸入ではそこまでお金もかからず、お財布にも髪の毛にも優しいのです。

9ヵ月ほど経ったところで、普通の人と同じくらいの髪の毛の量まで戻すことができました。
あの時クリニックでの治療を諦め、いろいろと探してみた結果が今につながったと思っています。
お金がなくても、髪の毛を生やすことができるのだ!と確信しました。

今はフサフサ

ちなみに管理人の今の髪の毛はフサフサです。
ほとんどの人にまずハゲてるとは言われません。

現在は毎日薬を飲んでいるわけではありません。
抜け毛が酷くなってきたなと感じたときだけ薬を飲むようにし、気にならなくなったらやめるというのを繰り返しています。
ですが、いつまたハゲてしまうのかという恐怖もあり、お守り代わりに常時、1月分はストックしているようにしています。

そして残念ですが、髪の毛が生えたからといって何かプライベートでいいことがあったかというと特に何もありません。
彼女ができた!なんていうハッピーエンドもありません(笑)

管理人がこのサイトで伝えたいこと

管理人がこのサイトで皆さんにお伝えしたいことは、お金がなくても髪の毛を生やせる!と言うことです。
薄毛治療はお金がかかるから、諦めるしかない…
高額な治療費を払ってもあまり変わらなかったらどうしよう…
薄毛治療よりも他でお金を使いたい…
様々な思いを持つ人がいると思います。

特に管理人のように若い頃から薄毛に悩んでいると治療費が高額だからと言う理由から治療を諦めてしまう人もいると思います。
でも、薄毛は治すことができるんです。
クリニックに行かなくても、高額な治療費を払わなくても、医薬品の個人輸入で薬を買えば治療費を抑えることができます。
実際に管理人もお金がなくて薄毛治療を諦めていましたが、個人輸入を知ってもう一度髪の毛を手に入れることができました。

以前自分が持った悩みと同じような悩みを持っている方がいるのなら、ぜひこのサイトを見ていただきたいです。
管理人がどのようにしてお金がなくても薄毛治療を行っていけたか、どのサイトがいいのか、どのような治療薬があるのか、薄毛治療に対しての疑問を実体験を交えながら細かく解説していきます。

もちろん、一番は今薄毛で悩んでいる人に対してその悩みを解決させてほしいという思いがあります。
その手段として、個人輸入があり、治療費を抑えて薄毛治療ができるということをぜひ知ってほしいと思っています。

TOP